更年期女性は受けておきたい「エクオール検査」とは

更年期女性は受けておきたい「エクオール検査」とは



更年期障害が起こる理由

閉経前後の更年期になってくると、

エストロゲンという

女性ホルモンの分泌が

急激に減少するため、

更年期障害という症状が起きます。

更年期障害の症状は多種多様ですが、

代表的なのは

ホットフラッシュや月経不順、

皮膚の乾燥、頭痛や腰痛、

いらいらやうつなどが挙げられます。

更年期障害の症状は

人によって異なりますし、

症状の度合いや続く期間も違います。

しかし、閉経はどんな女性にも

やってくるものですから、

更年期障害は必ず起こります

更年期障害を軽くするためには

更年期障害の症状を軽くするためには、

ホルモン療法が有効とされています。

更年期障害に悩む女性

しかし、ホルモンをコントロールするのは

体に負担をかけてしまいます。

ですので、最近では

エストロゲンを活性化する

「イソフラボン」という成分を

摂り入れるという方法

増えています。

イソフラボンは

更年期障害の緩和だけではなく、

更年期に起こりやすい

骨粗鬆症や動脈硬化の予防にも

効果があると言われています。

イソフラボンをとっても更年期が改善されないことも

ただし、最近の研究で

イソフラボンを取り入れるだけでは

更年期症状が改善されないという方が

いるということが分かってきました。

エクオールを産生できない女性もいる

その理由として挙げられるのが、

エクオールの生成量が

少ないということです。

エクオールは、

ダイゼインというイソフラボンが

腸内細菌によって代謝されることで

産生されます。

スーパーイソフラボンとも呼ばれ、

エクオールはエストロゲン活性に

もっとも大きく関わる

イソフラボンになります。

そのためエクオールの産生が

スムーズに行われないと、

イソフラボンの

エストロゲン活性効果を

得ることが出来ないのです。

また、エクオールは

誰にでも作れるものではありません。

実は、日本人の約半分しか

エクオールを産生することが

出来ないと言われています。

エクオール産生菌が腸内にいるかは検査できる

エクオール検査は、

腸内にどのぐらい

エクオール産生菌が存在しているかを

調べる検査です。

おしっこで分かるエクオール検査

ただ、検査と言っても

難しいものではありません。

尿検査で出来るので、

自分がエクオールを作ることが出来るのか、

作れないのかを

簡単に調べることができます。

エクオール検査の方法は

いろいろありますが、

エクオール郵送検診キット

(ソイチェック)というもので、

郵送で調べられます。

エクオールで更年期障害を緩和

エクオールの産生が出来るか出来ないで

更年期に対しての

効果的な対処法が分かります。

エクオール検査は女性なら

一度は受けておくといいでしょう。