エクオールを作れる人・作れない人の違い どのくらいの人数が作れないの?

エクオールを作れる人・作れない人の違い

エクオールを作れる人と

作れない人の違いは、

簡単に言ってしまうと

エクオール産生菌という腸内細菌を

持っているか持っていないか

いうことになります。

エクオールを作れる人作れない人の違い

エクオールは、

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインを

エクオール産生菌が

エクオールに変換することで

増やすことができます。

ですが、この腸内細菌を持っていない、

または活動が低下していると、

ダイゼインを取り込んでも

エクオールに変換されず、

そのまま体内吸収されてしまうのです。

日本人の半分がエクオール産生菌を持っていない

エクオールが作れる人の割合は

日本だと約50%、

欧米諸国では約20%となっています。

豆腐を食べればエクオール産生菌が増える可能性もある

このような違いが出るのは、

食生活に大豆を取り入れている割合が

関係していると言われています。

日本を始め、アジア諸国は

大豆をよく食べますよね?

しかし、欧米では

大豆を食する習慣があまりありません。

この大豆を食べる習慣が

エクオール産生菌の有無に

関わっています。

日本は、納豆や豆腐、味噌、醤油などの

大豆食品が豊富なので、

2人に1人はエクオール産生菌を

持っているという割合になるのです。

10代・20代は30%以下

ただし、年代別だと

若い人ほどエクオールを作れる割合が

低下しています。

納豆を多く食べない20代はエクオールが作れない

10代だと約20%、20代は約30%の人しか

エクオールを産生出来なくなっています。

その理由も、欧米諸国の割合が

低い事と同じで、

大豆食品を食べない人が多いからです。

また食生活の欧米化ということもあり

日本の伝統文化である

「和食」を食べることが

少なくなっています。

そのため、20代以下は4人に1人しか

エクオールを作れなくなって

しまっているのです。

エクオールを作れる体にするには

エクオールが作れる体になるためには、

大豆食品を毎日食べることも大事ですが

生活習慣の改善も必要になります。

生活習慣を改めてエクオールが作れる体に生まれ変わりましょう!

生活習慣とエクオール産生菌の関係は

はっきりしている訳ではないものの、

喫煙の習慣があったり、

乳製品を過剰摂取したりする人は

作れない人が多いと言われています。

逆に、野菜をたくさん食べる人、

緑茶を飲む習慣がある人、

肉より魚を食べることが多い人は

エクオールを作ることができる人が

多いというデータがあります。

ですのでエクオールが作れない人は、

大豆食品を食べるようにするとともに

生活習慣も見直していきましょう。

医師も薦めるエクオールサプリはこちら