エクオールと更年期障害の関係

エクオールと更年期障害の関係



更年期障害の症状ホットフラッシュやうつ

更年期障害というのは、

閉経の前後の更年期に

異常な火照りやのぼせなどの

ホットフラッシュや

欝など、体や精神に障害が起こる

症状のことをいいます。

更年期障害の症状の度合いは

人によって違いますが、

これは体質や生活習慣だけではなく

エクオールが関係していると

言われています。

更年期障害の緩和に効果があるのがエクオール

日本人は欧米人と比べると、

更年期障害が軽いことが多いのですが、

これは大豆食品を

よく食べるからというのが定説でした。

大豆を多く食べる日本人は更年期障害が軽い

大豆食品には、

たくさんの大豆イソフラボンが

含まれています。

大豆イソフラボンは

更年期障害の原因となり、

更年期に急激に減少する

女性ホルモンのエストロゲンと

同じような働きを持っています。

つまり大豆食品を食べることで、

エストロゲンの働きの低下を

補うことが出来るので、

更年期障害の度合いが軽くなると

言われていたのですね。

しかし近年では、

単に大豆イソフラボンを

摂取しているだけでは

ダメなことが分かりました。

というのも、大豆イソフラボンに含まれる

「ダイゼイン」という成分が

エクオールに変換されることで、

初めてエクオールの産生量

が増えるのです。

そして、このエクオールこそが

更年期障害の改善に

役立つことが分かってきました。

スーパーイソフラボンとも呼ばれるエクオールの効果

エクオールというのは

スーパーイソフラボンとも呼ばれます。

イソフラボンの中でも

もっとも効果的に

エストロゲンに作用するからです。

エクオールが更年期障害に効果がある

エクオールの有用性は、

エストロゲンの100分の1から

1000分の1程度と言われているのですが、

エストロゲンが不足すると、

エストロゲン受容体に

エクオールが結合して

その働きを補ってくれるのです。

逆にエストロゲンの分泌が

過剰になってしまっている場合でも、

エクオールが結合することで、

過剰分泌による体の変化を

抑制することができます。

ホルモンのバランスを整えるエクオール

つまり、更年期障害は

エストロゲンの減少だけではなく、

プロゲステロンとエストロゲンの

バランスが崩れることでも

症状が重症化します。

エクオールで更年期障害が軽くなった

ですので、どちらの状態にも作用する

エクオールは

更年期障害を軽減したり

改善したりする

効果が期待出来るのですね。

更年期の症状別で

尿中のエクオールの量を調べた調査でも

更年期症状の軽い人は

エクオール含有量が多く、

更年期が重い人は

エクオール量が少ないという

結果が出ています。

このことから分かるように、

更年期障害に大きく関係しているのは

エクオールなのです。

今、エクオールの効果が

大変注目を集めているのです。

医師も薦めるエクオールサプリはこちら