似ているようで全然違う!エクオールと大豆イソフラボンの違い

似ているようで全然違う!エクオールと大豆イソフラボンの違い



エクオールと大豆イソフラボンの違い

エクオールは

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが

腸内細菌の一つである

エクオール産生菌によって

変換される代謝物です。

つまり、エクオールが

産生されるおおもとは

大豆イソフラボン

ですので、こういった点から見ると、

エクオールと大豆イソフラボンは

同じものとも言えます。

エクオールは作れる人・作れない人がいる

エクオールと大豆イソフラボンの効果は

エストロゲンと同じような

作用があることから

とても似ているのですが、

一つだけまったく違う点があります。

ホットフラッシュは更年期障害の一つ

それは、大豆イソフラボンの効果は、

大豆食品などを食べることで

誰でも得ることが出来ますが、

エクオールは作れる人しか

その働きを得られないということです。

エクオールというのは、

大豆イソフラボンを

摂取したからといって、

すべての人が作り出せると

いうものではないのです。

大豆食品を摂取することは

エクオールを作り出せる

腸内環境に整える効果が高いので、

摂取をすることは無駄にはなりません。

ですが、エクオール産生菌が少なかったり

腸内にまったくない状態だと、

どんなに大豆イソフラボンを摂取しても

エクオールは作られないので、

その効果を得られないのです。

イソフラボンとエクオール 効果の度合いも違う

また、どちらもエストロゲンと

似たような作用を持っているものの、

その効果の度合いにも

違いがあります。

エクオールは大豆イソフラボンより効果が高い

エクオールは

スーパーイソフラボンと

呼ばれることから分かるように、

大豆イソフラボンよりも

エストロゲン様作用に優れています。

ですので、エクオールは

エストロゲン減少による

体調不良への効果が高いのです。

更年期が軽い人はエクオール産生量が多い

例えば、更年期障害の改善には

大豆イソフラボンが

良いと言われていますが、

大豆イソフラボンを

どんなにたくさん摂っても

改善効果が見られない人がいます。

更年期が軽い人はエクオールが多い

これはエクオールの産生能力が

ないことが原因です。

更年期障害が軽度の人と

重度の人では、

エクオールの量に

大きな差があることが分かっています。

どちらの方も、

大豆イソフラボンに含まれる

ダイゼインの量には

ほとんど違いはありません。

しかし、更年期障害の症状が軽度の人は

重度の人よりも

エクオールの量が明らかに多いのです。

つまり、更年期障害の軽減に

関与しているのは

エクオールなのです。

このことからも分かるように、

エクオールと大豆イソフラボンの効果は

似ているように見えますが

産生や働きが全然違うのです。

医師も薦めるエクオールサプリはこちら